前妻が名乗りをあげるパターン

前妻が名乗りをあげるパターン

前妻が名乗りをあげるパターン 前妻に相続権があるのか、といえば基本的にはないです。しかし、相続争いに名乗りをあげることがあります。その一つとして子供がいる場合です。これは当然、子供に権利がありますから別に悪いことではないです。揉めることになるでしょうが、法律的にはキチンと実子であれば均等な権利があります。

極端な話し、権利がない人が何を喚こうが意味がない、という現実的な要素はしっかりとあるのです。つまりは、前の妻である、ということだけで相続人として名乗りでることは法律的に不可能になります。タカリと同じような行為です。

別れた時に財産は分与されているわけですし、前妻が要求できる分与というのは法律的にはないです。それでも揉めることがあるのが遺産分配というものであり、亡くなった人が金持ちであるのかどうかというのは実はトラブルの可能性にはそこまで影響がないとも言われています。要するに相手次第といえるわけです。そもそも普通に法律知識があれば前の妻には権利がないことはわかるからです。

非嫡出子も遺産を相続できるの?

非嫡出子も遺産を相続できるの? 父親と母親が結婚していない状態の中で産まれた子供は法的に非嫡出子と言いますが、嫡出子と同様に相続人になります。ただし、父親の遺産を継ぐためには父親から認知されていることが必要です。母親とは親子関係がはっきりしているため、母親の遺産については問題になりませんが、父親の遺産については実際の血縁関係に関わらず、認知されているという法的な地位確定により相続人になります。親との親子関係が法律的に確定しているのであれば、嫡出子(婚姻関係にある夫婦から産まれた子供)も非嫡出子も相続人としての立場に違いはなくなります。平成25年12月に民法が改正されるまでは嫡出子と非嫡出子は不平等な扱いがなされていましたが、現在は平等になっています。
認知されていないために遺産相続できないという場合でも、子ども本人が請求することで裁判や審判といった法的措置によって親子関係を確定することが可能です。父本人が死亡している場合もで、死後3年間は裁判所に対して請求することで遺産分割を請求することができるようになるのです。

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 非嫡出子」
に関連するツイート
Twitter

気分転換にたまたま観たドラマ 最初はまさかの重婚の話?と思ってたら全員公正証書なしの自己主張は事実婚で、同居期間と年数にもよるけど裁判所が事実婚と判断するか微妙なところじゃない?とか非嫡出子相続分って嫡出子の半分だっけ?とか考えて本筋が頭に入って来なかった問題

Twitterツカサ@ほぼ趣味アカ@noir_tukasa

返信 リツイート 1:46

非嫡出子は嫡出子の二分の一の割合で相続分を持つ

Twitter宅地建物取引主任者BOT@syuninsyabot

返信 リツイート 昨日 22:59

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)

非嫡出子には相続権があると言っても、当時の日本の田舎ではまだまだ長男相続が主流だった時代。(長男以外は圧力かかって減額。娘は相続を辞退させられる。)非嫡出子の明久が遺産を貰うには、強弁な要求が必要であったことだろう。

Twitter設楽町物語(完全フィクションです)@hZapfOlGrARG1tb

返信 リツイート 昨日 11:45

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 昨日 4:19

そういや非嫡出子相続権を認めるのにも不自然なくらい強行に反対する議員が自民党にはいっぱいいたね。まるで何か憶えがあるように - IkaMaruのコメント / はてなブックマーク ift.tt/2SlEMgJ

Twitterはてブ新着コメント@hatebu_entry

返信 リツイート 7/17(水) 15:40

“そういや非嫡出子相続権を認めるのにも不自然なくらい強行に反対する議員が自民党にはいっぱいいたね。まるで何か憶えがあるように - IkaMaruのコメント / はてなブックマーク” htn.to/3ThnKnqahH

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)

[憲法]出生について責任を有するのは被相続人であって、非嫡出子には何の責任もなく、その身分は自らの意思や努力によって変えることはできない。~非嫡出子をそのことを理由に法律上差別することは、婚姻の尊重・保護という立法目的の枠を超えるもの(である)(最大決H7.7.5反対意見)