親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか 夫もしくは父親などが亡くなった時には、故人が所有していた不動産などの財産を、相続することになります。その場合、妻や子供がいる場合には、法律に従って配分をしていくことになります。もし個人が遺書を遺していたらそれに従うことになります。
さらには財産の相続といっても、それはプラスの財産だけでなくマイナスの財産だけが残っていたということもあります。その場合は、相続放棄という手続きをとる必要があります。夫や父親がなくなってから何日以内にやらなければならないときまっていますので、司法書士や弁護士に相談をして速やかに行う必要があります。
これを親戚を巻き込んで家族だけできめようとなるともめごとの要因になります。財産が多いからもめないということではなく、すくない財産であってももめる要因ですから、司法書士や弁護士などのプロに相談をして第3者の意見を聞きながら手続きをしていくのが円満に解決をしていく近道といえます。

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている 親が亡くなったときに得られることが可能な相続の取り分は、法律によって初めから決められています。これは、法定相続と呼ばれているものです。親が亡くなった場合、その子どもは父か母の半分の取り分を受け取ることができます。
法定割合で受け取ることが可能な部分であるため、もちろんこれ以上の取り分を得ることも可能です。ただ、それ以上の遺産を手に入れるためには遺産分割協議などの話し合いを行わなくてはいけません。一般的に、法定割合以上の遺産を入手するためには、遺書を見つけるか協議を行って他の権利者に納得をしてもらうかのどちらかになります。遺書の場合は故人の意思を最大限に汲むことになりますので、この言い分を覆すのは非常に難しいのですが、協議を行った場合にはお互いの同意で利益を分散させることができます。仮に、一部の権利者が財産を放棄したときにはそれらの財産の行き先を話し合うことになります。ですから、それ以外に関しては法律で決められた分だけ継承することになるわけです。

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 法律」
に関連するツイート
Twitter

相続を除いては不利益はほぼない。健康保険や年金の被扶養配偶者になることも、遺族年金を受け取ることもできる。最大のネックである相続も、自動的には相続できなくとも遺言書を書くことで対処はできる。 法律婚より事実婚がメリット大? 大人婚の損得勘定 (NIKKEI STYLE) news.line.me/issue/oa-nikke…

昔、自筆証書遺言を無地の封筒に入れて封をした方がいて、遺言者が亡くなった後、相続人が遺品整理の際に開封して、法律相談に来たことがある。 封をした封筒には、中に何が入っているか、書いておいて欲しい。

民法、代理:本人がすでに無権代理行為の追認を拒絶している場合、法律関係はその時点で追認拒絶に確定。その後に無権代理人が本人を単独相続しても無権代理人は追認拒絶を主張できる。

Twitter公務員試験対策bot@koumuinbot

返信 リツイート 0:13

宅建民法~制限行為能力者~≪被保佐人が保佐人の同意を必要とする行為≫ ✅民法第13条第1項に列挙された行為 ✅家庭裁判所の審判において指定された法律行為≪第13条第1項≫の主なもの ✅短期賃貸借の期間を超える賃借をすること(土地5年・建物3年) ✅不動産売却 ✅相続の承認・放棄

Twitterkey★うつ病でも宅建合格!@taxtuken_Key

返信 リツイート 昨日 23:06

実は兄弟姉妹のうち、一人は認知されておりません。 法律上、相続人として認められません。 4人の兄弟姉妹は仲が良く、私も大好きな伯母です! 父は4人全員に遺産がいきわたるよう祖父に遺言を残してほしかったようです。

Twitter糸賀千陽@みんなの相続を考える会@minnano_souzoku

返信 リツイート 昨日 22:06

【法定相続人】…法律の規定により定められた相続人。民法で一定の範囲内の血族と被相続人の配偶者を相続人と定めている

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

生前整理サービスでは、遺産相続のような遺産・資産の整理についても、弁護士・司法書士・税理士・会計士の各種法律専門家とも連携をとっておりますので無料ご相談・ご紹介をさせて頂いておりますので、是非ご活用下さい。exsia.jp/service-seizen…

Twitter遺品整理・不用品回収のエクシア@IhinExia

返信 リツイート 昨日 20:02

非弁事例の意見交換で、某地方で、ある行政書士が、相続財産額1000万あるところ、依頼者にはその旨伝えたが、別の相続人には600万しかないと伝えて、その前提での遺産分割協議を交わさせたという事例が出てきた。 「別の相続人」にしたら、「法律家」的な人がそういうことを言ったら信じかねない。

Twitter向原総合法律事務所 弁護士向原@harrier0516osk

返信4 リツイート8 昨日 20:00

返信先:@Tibisuke_Stitch 六法で最も条文が多いし 所有、取引、契約から 結婚、家族、相続まで 暮らしに基づいたものも多く ほとんどの職業資格の法律分野で だされますもんね きっと憂鬱だとおもいます 頑張ってください!