親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか 夫もしくは父親などが亡くなった時には、故人が所有していた不動産などの財産を、相続することになります。その場合、妻や子供がいる場合には、法律に従って配分をしていくことになります。もし個人が遺書を遺していたらそれに従うことになります。
さらには財産の相続といっても、それはプラスの財産だけでなくマイナスの財産だけが残っていたということもあります。その場合は、相続放棄という手続きをとる必要があります。夫や父親がなくなってから何日以内にやらなければならないときまっていますので、司法書士や弁護士に相談をして速やかに行う必要があります。
これを親戚を巻き込んで家族だけできめようとなるともめごとの要因になります。財産が多いからもめないということではなく、すくない財産であってももめる要因ですから、司法書士や弁護士などのプロに相談をして第3者の意見を聞きながら手続きをしていくのが円満に解決をしていく近道といえます。

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている 親が亡くなったときに得られることが可能な相続の取り分は、法律によって初めから決められています。これは、法定相続と呼ばれているものです。親が亡くなった場合、その子どもは父か母の半分の取り分を受け取ることができます。
法定割合で受け取ることが可能な部分であるため、もちろんこれ以上の取り分を得ることも可能です。ただ、それ以上の遺産を手に入れるためには遺産分割協議などの話し合いを行わなくてはいけません。一般的に、法定割合以上の遺産を入手するためには、遺書を見つけるか協議を行って他の権利者に納得をしてもらうかのどちらかになります。遺書の場合は故人の意思を最大限に汲むことになりますので、この言い分を覆すのは非常に難しいのですが、協議を行った場合にはお互いの同意で利益を分散させることができます。仮に、一部の権利者が財産を放棄したときにはそれらの財産の行き先を話し合うことになります。ですから、それ以外に関しては法律で決められた分だけ継承することになるわけです。

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 法律」
に関連するツイート
Twitter

斑葉「ワタシこんなだから、成人と同時に親には縁切られてるのよ。……って云っても、親子関係を解消する法律は無いから相続権とかは其の儘ワタシにあるんだけどね。」

日本国憲法 第3章 国民の権利及び義務 〔家族関係における個人の尊厳と両性の平等〕 第24条 2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

【お知らせ】《法律相談》毎週月・水・金の午後1時から4時まで、法律相談を行っています。(受付は3時まで)相続、離婚、金銭貸借、労働、登記など各種問題について弁護士による相談が受けられます。(1週間前から予約可能) city.taito.lg.jp/index/kurashi/…

Twitter東京都 台東区@taito_city

返信 リツイート 14:08

生前整理サービスでは、遺産相続のような遺産・資産の整理についても、弁護士・司法書士・税理士・会計士の各種法律専門家とも連携をとっておりますので無料ご相談・ご紹介をさせて頂いておりますので、是非ご活用下さい。exsia.jp/service-seizen…

Twitter遺品整理・不用品回収のエクシア@IhinExia

返信 リツイート 14:02

本屋に行くと法律書コーナーには専門書が沢山あって読みたくなった 特に立法者が書かれた相続改正のQ&Aの本 パラパラめくったけど、今は時間のかかる専門書を手にするときではない 合格したら沢山読める 今やるべきことに集中しよう

Twitterたなたく(山村クラス 司法書士受験生)@finalstage2020s

返信 リツイート 14:00

司法に詳しくなりつつある2ヶ月。あれこれがまとまり終わりに近づいてホッとしているが、叔父の物が叔父の物でなくなる事に亡き叔父の背中を遠く感じる。まさかの突然死に間に合わなかった私との養子縁組…司法手続きは私中心で行っているが私には法律相続権はない。叔父は苦笑っているだろうな。 pic.twitter.com/VJuQkEzLo8

Twitter読み聞かせ屋サチエ@yomu556

返信 リツイート1 14:00

返信先:@yukinoshibari 家業を継ぐ子供に全部相続できた時代は、それなりに継続性が保たれていた。しかし兄弟で分割する法律になると、分割して成立する程の家業などあまり無かった。 起業の生存率が悪かったり、優秀な人材が医療に行ったり。 起業家向けの融資は色々あるのに、新分野の盛り上がりには全く欠けている。

TwitterMSどす⛅TL40@msdos148

返信 リツイート 13:28

返信先:@contrail_kumo_q他1人 三分割遺産協議という言葉は法律上の用語ではないですね。気になってはいましたが、法定相続分3分の1と、訴状記載の2分の1を対比させる趣旨で用いていると理解していました。代理人の発言も、遺産分割協議だったのではと思います。

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

Twitter公務員勉強用@a_t4a64

返信 リツイート 11:15

何やら相続に関する法律が変わるそうで、それでかな…。 #teljin

Twitterラジオネーム☆彡ちばなお@chibanao1972

返信 リツイート 11:04