親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか 夫もしくは父親などが亡くなった時には、故人が所有していた不動産などの財産を、相続することになります。その場合、妻や子供がいる場合には、法律に従って配分をしていくことになります。もし個人が遺書を遺していたらそれに従うことになります。
さらには財産の相続といっても、それはプラスの財産だけでなくマイナスの財産だけが残っていたということもあります。その場合は、相続放棄という手続きをとる必要があります。夫や父親がなくなってから何日以内にやらなければならないときまっていますので、司法書士や弁護士に相談をして速やかに行う必要があります。
これを親戚を巻き込んで家族だけできめようとなるともめごとの要因になります。財産が多いからもめないということではなく、すくない財産であってももめる要因ですから、司法書士や弁護士などのプロに相談をして第3者の意見を聞きながら手続きをしていくのが円満に解決をしていく近道といえます。

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている 親が亡くなったときに得られることが可能な相続の取り分は、法律によって初めから決められています。これは、法定相続と呼ばれているものです。親が亡くなった場合、その子どもは父か母の半分の取り分を受け取ることができます。
法定割合で受け取ることが可能な部分であるため、もちろんこれ以上の取り分を得ることも可能です。ただ、それ以上の遺産を手に入れるためには遺産分割協議などの話し合いを行わなくてはいけません。一般的に、法定割合以上の遺産を入手するためには、遺書を見つけるか協議を行って他の権利者に納得をしてもらうかのどちらかになります。遺書の場合は故人の意思を最大限に汲むことになりますので、この言い分を覆すのは非常に難しいのですが、協議を行った場合にはお互いの同意で利益を分散させることができます。仮に、一部の権利者が財産を放棄したときにはそれらの財産の行き先を話し合うことになります。ですから、それ以外に関しては法律で決められた分だけ継承することになるわけです。

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 法律」
に関連するツイート
Twitter

神楽坂で不動産・財産・相続のご相談はお気軽に。静かな山吹町エリアのオフィス・英語での相談が可能です。ミモザの森法律事務所 mimosaforestlawoffice.com

Twitter伊藤和子 #なぜそれが無罪なのか?!(ディスカヴァー携書)発売中@KazukoIto_Law

返信 リツイート 40分前

個人で使うのは、シャチハタとシャチハタ以外でしょうか。なぜか三文印でOKなのに、シャチハタだとだめということが結構あります。実印も認印も法律的な効果はほぼ同じ。しかし、相続なんかでは実印を出せ(印鑑証明も)と言うところが多いです。こんなくだらない印鑑制度は、廃止すべきだと思います。

Twitter風竜胆(資格&書評)@kazerindou

返信 リツイート 10:09

義父の介護をしていた私にも、遺産を請求する権利があるってホント? 相続に関する法律について(ファイナンシャルフィールド) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-…

Twitter終活協議会 野田@endingnoto2557

返信 リツイート 8:44

民法906条は、相続人の相続分に応じ、現実に遺産に属する個々の財産の帰属を定めるにつき、考慮すべき事項を定めたものであって、法律上定まった相続分を変更することを許した規定ではない(東京高決/S42/1/11)。

返信先:@KVe67TbcfPXjfWQ 法律に詳しい訳では無いですが、相続の際の優先権が確保(保証)されることが一般的なメリットじゃないですかね?子供のいない夫婦もいる訳ですし……

【民法Ⅰ】失踪宣告2: ・失踪宣告が取り消された場合、善意の相続人は現存利益の範囲で返還義務を負う。悪意の相続人は得た利益のすべてに利息を付して返還する。 ・検察官に失踪宣告の請求権は無い ・法律上の利害関係人は失踪宣告の請求権者となる(事実上の利害関係人→×)

Twitter那須政宗(公務員試験向け俺用暗記bot)@goukaku_onashas

返信 リツイート 1:43

相続から成年後見制度まで弁護士シニアサポートは様々な法律問題に対応しています! senior-law.jp

Twitter弁護士シニアサポート@senior_law

返信 リツイート 1:07

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

義父の介護をしていた私にも、遺産を請求する権利があるってホント? 相続に関する法律について(ファイナンシャルフィールド) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-…

相続のご相談は、滋賀県草津市の弁護士あけぼの法律事務所 相続人調査、相続関係図作成、財産調査、遺産目録の作成、遺産分割の協議、遺産分割協議書の作成、名義変更、不動産登記など。 #相続 #相談 #滋賀 #草津市 #弁護士 #あけぼの法律事務所 #登記 #不動産 #遺産分割協議 akebono-law.net/souzoku/

Twitter滋賀県|弁護士あけぼの法律事務所@akebonolaw

返信 リツイート 昨日 20:07