初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

火葬から収骨までの間に通された休憩室で誰かが何となくテレビをつけたら相続トラブルの特集してて気まずくなったのが本日のハイライト

RT @yasue_nobuo: 社会人になってからも、庶民に尽くす“街の弁護士”として一人一人の声を真剣に聴いてきました。離婚、相続、少年事件、金銭トラブルなど、1000件を超える #法律相談 に携わってきました。また、愛知県弁護士会高齢者・障害者総合支援センター委員としても…

個人事業主の相続のポイント | 事業承継、税金などのトラブル回避策とは legalus.jp/inheritance/ed… #事業承継

TwitterLegalus(リーガラス)@LegalusJP

返信 リツイート 昨日 12:00

6月25日(火)のゴゴスマは… ▼住宅街にサルが居座り町中混乱 遭遇した時の対策とは ▼中学受験で父が息子殺害 昨日、裁判で母親が証言 ▼続報 お笑い芸人13人が活動停止に ▼相続法 約40年ぶりに大幅改正 遺産相続トラブル回避法とは 13:55~是非ご覧ください ※内容を変更する場合があります

「救急隊、家族が蘇生をやめて!と言ったら、蘇生中止行為が広がっているという」 いいのかね、そんなこと。だいたいそばにいたからって、遺族とは限らんぜ。遺族に成りすましたり、相続が絡んでると厄介だぞ。倫理以前に、救命士が蘇生せずに見殺しってのは、合法なのかね。トラブルの要素大アリだ!

Q&A「家族信託」の活用 ~これで親子の相続・介護トラブルを防ごう!~(セルバ出版) 認知症になると困ること ・預貯金が下ろせない ・不動産が売れない ・アパートオーナーは物件管理に支障が出る 家族信託で準備しましょう。 #家族信託 amzn.to/2SbXtSx

Twitter司法書士柴崎智哉(東松山)@alfa_8000

返信 リツイート 昨日 9:00

あとぼく個人としては、するなと言わん代わりに、性病とトラブルと借金は持ち込むな!自宅へ連れ込むなラブホへ行け!関係を続けたいなら生涯隠し通すかサッサと白状して双方納得のいくルール(先に挙げた○○するなという禁止事項や子供が出来た際の金銭ほか相続問題等)を設けて厳守しろ!って言う。

Twitter突然お金持ちになりたい流華@ruka1985

返信 リツイート 昨日 7:49

遺言は万能ではない。遺言をしても法定相続人には遺留分があり法定相続分の1/2は相続する権利がある。相続トラブルを根絶するには、生前に資産を贈与する以外に方法はない。

Twitter金持ち大家ツイートまとめ@okeasy738fkd

返信 リツイート 6/24(月) 21:28

「当事者として具体的に相続トラブルをイメージをする」 これが将来相続トラブルが発生して、多額の損害が発生するかしないかの境界線になるのです。 souzoku-kaiketsu.net/riyuu/

Twitter司法書士甲斐智也@相続対策・家族信託の専門家@tomoya_kai

返信 リツイート 6/24(月) 19:55

行政書士とは,国家試験等に合格し,日本行政書士会連合会に登録された者を言います。行政書士は,法律に定める業務を行う者で,皆様に代わって役所に申請する営業許可等の書類の作成,相続・遺言書等の権利義務,契約書の作成などによりトラブルの予防するなど,法律事務を業とする国家資格です

Twitter高松海事事務所【船舶免許更新センター】@marine_office

返信 リツイート 6/24(月) 16:26