初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

生前贈与のメリット5つと 知っておきたい7つの特例制度・7つの注意点 bit.ly/3aIjnap 生前贈与は相続対策としてよく利用される制度です。相続時のトラブル予防にも大きく役立ちます。しかし、気をつけないと余計な税金を払う事態を招きかねません。一緒に、注意点を確認していきましょう

Twitterグリーン司法書士法人【公式】@green_shihou

返信 リツイート 11:00

【電車の中でも考える、人生のエンディング】 ・遺言書の書き方を知りたい ・相続トラブルを解決したい #終活 の悩み、気軽に弁護士にご相談下さい。 天神、久留米など18か所の #福岡県弁護士会 #法律相談センター  Web予約 fben.jp/soudan/yoyaku.… 電話 0570-783-552 #西鉄 9000系車両で放映中! pic.twitter.com/eOFAFxmTM4

Twitter福岡県弁護士会【公式】@fben2016

返信 リツイート 9:46

相続トラブル、ほんと醜い。もう疲れた。なんでうちの父親ってどうしようもないクズなの。そんなに揉めてまで、お金が大事かよ。

年々ふえている相続トラブル 相続発生後に遺族が悩むケースは多く、家庭裁判所への相談件数は年々ふえています。円満な相続のためには、民法や手続について理解し、時間をかけて備えることが必要です。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@civil_shiho

返信 リツイート 5:34

【今月発売】 城山真一さん『相続レストラン』 お料理小説に新たな旋風の予感です!(D) 元税理士のウェイターと 絶品加賀野菜が 遺産トラブルを華麗に解決!? おいしくて役に立つ、異色の相続ミステリー! kadokawa.co.jp/product/321903… #次に読む本 pic.twitter.com/cxLQevLEST

「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか? - 新刊JP sinkan.jp/news/9678 #新刊JP @sinkanjpから

年々ふえている相続トラブル 相続発生後に遺族が悩むケースは多く、家庭裁判所への相談件数は年々ふえています。円満な相続のためには、民法や手続について理解し、時間をかけて備えることが必要です。

Twitterシヴィル司法書士事務所@相続専門@civil_shiho

返信 リツイート 昨日 11:34

返信先:@taxtaro 最近親戚から、登記・相続・保障被り等々、ほとんどのトラブルを相談されるようになってます。無料でw

Twitter瀧本 透(Tooru Takimoto)@fptakimoto

返信 リツイート 昨日 11:21

こんなん有るんやなあ。 様々な法律トラブルをLINE上で無料相談できる「LINE弁護士相談」を提供開始  SNS投稿、オンライン取引、相続、離婚など25万件の法律相談事例も閲覧可能 linecorp.com/ja/pr/news/ja/…

Twitterカウ・オブ・ジョイトイ@cows_botan

返信 リツイート 昨日 11:07

「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか? - Yahoo! JAPAN sinkan.jp/news/9678