初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

相続トラブルにおける弁護士の費用】 弁護士報酬規程が廃止されオープン価格となり妥当な金額の予測がつかない現状で、多くの弁護士がすでに廃止となった当該規定を目安として弁護士費用を算定しています。 tax365management.com/session/about-… #相続 pic.twitter.com/ayQVS4fC3y

TwitterJTMI 税理士法人 日本税務総研 | 相続税申告のワンストップサービス@JTMItax365

返信 リツイート 17:08

小室圭さんのTV報道が少し変わって来た。 親の借財を子が必ずしも相続する必要が無いことは誰しも判っていること。 ましてや、小室母の場合は金銭トラブルは無く、婚約に付け込み、元婚約者が週刊誌を利用しているだけ。 それを冷静に理解しらしい。 ぐずぐず言ってる奴は世の中のクズ。

#家族 のためにも #相続トラブルを防ぎたい・そんな悩みを『まちの遺品整理屋さん』が解決!!> machino-ihinseiri.com/service/seizen/ #遺品整理 #遺品

Twitter平成ととのった@TOTONOTTA

返信 リツイート 0:06

わたしは、ぶっちゃけ年金ほとんど払っとらんので老後はもう完全に無理です。 まあ10年先だって生きてるかもわからんけど。 相続トラブルの件もあるし

遺骨に関するトラブルが増えてきています|よくわかる相続と遺言書のマニュアル contents.gyousei-souzoku.com/souzoku-ending… #川越市相続相談 #川越市相続手続き #遺言書 #相続 #相続 #終活 #行政書士

Twitter行政書士 鈴木順一(埼玉県川越市)@gyouseikawagoe

返信 リツイート 昨日 23:15

共有持分の売却&買取依頼で相続トラブルから抜け出せる! totibaikyaku.com/2019/05/motibu…

仲代達矢が迎えていたもうひとりの「30代養女」一体なぜ : jprime.jp/articles/-/151… #週刊女性PRIME #相続 #トラブル

遺産分割・相続放棄 『ハンコ代』が適正かどうか、相場を知りたい?! : 加藤俊光 [マイベストプロ神奈川] mbp-japan.com/kanagawa/souzo… 相続手続にはトラブル要因がいっぱい?! 私が迅速・円満な解決をお約束します。 TEL 0800-1230913(通話料無料・本日も夜8時まで受付)

Twitter相続まちなかステーション@souzokumachinak

返信 リツイート 昨日 12:17

【過去Webコンテンツ】 相続トラブル shigi-tax.com/sozoku/2014032…

Twitter鴫村税務会計事務所@shigi_tax

返信 リツイート 昨日 12:01

養子縁組は身分関係に大きな影響がありますが相続の際に養子がどのような立場になるのか疑問を持つ方も多いでしょう。養子縁組が相続にもたらす様々な影響を知らなければ他の相続人の相続分が減少し思わぬトラブルを引き起こしてしまうことも qq4q.biz/sKph